ガシェット

iPhoneを裸で使いたいと思っている人へ 気になる傷やケース無しで使うおすすめ装備

iPhoneはケース派ですか?裸派ですか?

僕はもっぱら裸で使いたいという人間です。

僕がこれまでiPhoneにはケースを付けたり、裸で使ったりを繰り返して来ました。

iPhone自体は裸で使いたいけど、ケースを付けざるを得ないシチュエーションやその時のライフスタイルによって変化してきました。

その変化するライフスタイルでも共通しているのがやっぱり裸で使いたい。

という結論に陥るのです。

今回はそんな裸派の人間が今のiPhoneの状態になるまでの経緯などをお話しして、

iPhone裸で使いたいんだけどな〜。

っと悶々としてる人に向けてお送りしたいと思います。

結論としては、

やっぱり裸で使うことは最高。

ということです。

裸派の人間が行き着いたiPhoneの装備

僕の現状のiPhoneの装備はこうです。

iRing rinkのみのシンプルな構成です。

初の頃は保護フィルムやらガラスやらを使っていたのですが、結構ヒビが入ってしまうといになるタイプでしょっちゅう張り替えていました。

当然、フィルムや、ガラスを使っていると手の滑りが悪くていつの間には何も貼らずに使うようになっていましたね。

画像でお分かり頂けるように結構傷だらけです…。

背面も傷がたくさんですね。

前面に至っては割れています…(汗)

実際に使う分には全く問題ないのでこのまま使っていますが、そろそろAppleケアの期限が迫っているので一度新しくしようと考え中です。

iPhoneを使う上でのこだわり 

裸プラスワン

iPhoneを使う上でいつも思う事は、

便利に使いたい!

という思いです。

シンプルにiPhoneを便利に使うことを考えると裸にプラスワンという構成が一番使いやすいことに落ち着きました。

昔は少しでもきれいに使いたい!とか、傷つけてしまったらショック!(今も傷がついたらショックですけど…)

でも、やっぱりそのままが一番使いやすいということで毎回最終的には裸族で使うことが多かったです。

iPhoneを使う上で一番使いやすい形はケースなしの保護ガラスもなしに行き着くのです。

iRingもいくと度なく付けては外しを繰り返して今のiRing rinkに落ち着いた感じです。

今まで使ってきたグッズたち

今までたくさんのケースを使ってきました。

定番のパワーサポートのAirジャケットや、バンパータイプ、シリコーンケースにレザーケース。

手帳型のケースも結構使ってきましたが、最終的には全部外してしましました。

理由は、

使いづらい。

で、結果今の裸プラスiRingという状態になったのです。

今,気になる装備

MOFT X

長年自分にとって使いやすい装備を模索してやっとこれが最高のカタチができたとブログで記事にしようとしたときにちょうど瀬戸弘司さんのYouTubeでこの動画を見ました。

そこで紹介されていたMOFT Xという製品。

これは気になりすぎる!!

気になるポイントは3つあり、

スタンド機能

カード収納

付属の磁石で車載ホルダー

スタンド機能

出典:https://www.makuake.com/project/moft_x/?from=hero_btn_2

1つめのスタンド機能ですが、僕がiRingを付けているのは落下防止はもちろんのこと、スタンド機能がやっぱり欲しいのです!

今までスタンド機能がなんて使わねーだろとiRingを外したりしていたのですが、いざできなくなる本当に不便です。

最近では、縦置きにもできたらいいのにと思うくらいになっています。

縦置きにするにはiRingでは浅い角度でしかできません。

縦置きで深い角度で使いたいのでこれは使いやすそうです。

カード収納

出典:https://www.makuake.com/project/moft_x/?from=hero_btn_2

2つ目のカード収納はこれに関しては何度も挑戦しては諦めてきたポイントです。

手帳型ケースに手を出したのもカードを収納したいからでした。

我が家の家の鍵はカードタイプのものでこれをいつも持ち歩くiPhoneを忍ばせてとカードも入る手帳型にした事もあったのですが、分厚く、iPhoneを見るのに手帳カバーをめくるという手間がどうしても嫌で諦めてしまいました。

それがこのMOFT Xではカードも収納できるとあってこれはグッと心を掴まれましたね!

マグネットで車載ホルダー

3つ目のマグネットで車載フォルダーにというところも魅力的で、今現在はiRingの輪っかを車のオーディオとそのわずかな隙間に差し込んで使っております。

これはこれでいいのですが、やっぱり不安定になるときがあるのでしっかり固定できるというところは魅力的ですね。

ここまで気になるグッズは久々なのですが、気になる点もありまして…。

MOFT Xのデメリットや心配点

主にこの2点です。

ワイヤレス充電ができない

リングの様なフォールド感はあるのか?

と言う点です。

ワイヤレス充電はこれも出来なくても困らないのですが、一度出来ると中毒性が出てくる機能です。

MOFT Xはワイヤレス充電が対応していないという事だったので少し残念な点です。

今現在ワイヤレス充電対応したモデルを開発中とのことですので、ワイヤレス充電は外せないと言う人はもう少し待つと良いかもしれませんね!

もう1つの心配点が、フォールドです。

iRingだとリングだけあってフォールド感がとても安心できるのですが、それがモストXではどこまで安心感がえられるのか、流石にここはリングの方が上なのでは?というのが正直な感想ですね。

このMOFT Xは今、Makuakeのサイトで購入することが出来ます。

出資という形なので、購入してすぐに手元に来ないのでがウズウズしますが、気になった人は見てみてください。

Makuake

iPhoneをケースなしで使うこと

冒頭にもお伝えしましたが、iPhoneをケースなしで使うことはとても最高です!

その機器の魅力を存分にその手で扱うことができるのです。

とは言っても最近のiPhoneの巨大化によって持ち辛くなっている事は確実です。

うっかり落とす確率もかなり上がっているでしょう。

うっかり落として結構な修理金額を払うという事を考えるとケースを付けて保護するということは自然な行動だと思います。

しかし、そこをあえてケースを付けて落下から守るのではなく、裸で使って落下防止のためと切り替えてその対策にリングやMOFT Xなどの商品を駆使して使うなどして見ると意外といいですよ!

ケースや保護ガラスを使っていても画面は割れるし傷もつきます。

僕のiPhoneが傷がついたのも保護ガラスをしてさらにはケースをはめていた時に落とした時できました。

傷を恐れて本来の使い心地を味わえないのは少し惜しい気がします。

ケースも外して、保護ガラスも外して使った時は同じ端末に思えないほど使い心地が違いました。

iPhoneを裸で使いたいと思っている人は是非一度ケース無しで使ってみてはいかがでしょうか?

-ガシェット

Copyright© リンゴのススメ , 2021 All Rights Reserved.