ニュース

格安スマホが通話料値下げ!どのくらい下がる?時間制限無しの通話し放題に?

みなさん携帯キャリアはどこを使っていますか?

昔から使っている、携帯電話会社大手3社のドコモやau、ソフトバンクを使っている人。

いやいや、キャリアなんて高いもん使ってられるか!格安simだろ?って人もいると思います。

なかには格安simにしたくても通話をたくさんするから通話料定額でないとと言って通話定額し放題を選んでいる人もいるのではないでしょうか?

今回は、格安スマホが通話料を値下げするというニュースが飛び込んできたので、どのような値下げになるのかということを調べてみました。

格安スマホが通話料値下げ!!

格安スマホは「確かに安いけれども、あんまり通話がねぇ」というイメージではないですか?

実際のところは、格安スマホ会社の料金プランを覗いてみると通話料が月何分までとか、30秒20円だとか、定額プランがあったとしても3分や5分長くて10分だったりしています。

ワイモバイルはプラス1000円〜で「スーパー誰とでも定額」というオプションがついていますね!

にしても他の格安スマホ会社ではありません。

それを今回は格安スマホの通話料を値下げするという動きがあるようです!

 総務省は17日、格安スマートフォン事業者が通話サービスの料金を安く提供できる仕組みをつくる方針を固めた。NTTドコモなど携帯電話大手3社が格安スマホ事業者に貸し出す通話の回線利用料に算定基準を設け、通話料金の値下げを促す。大手を含めた価格競争を活発化させ、携帯利用者の負担を軽減したい考えだ。

格安スマホ事業者は自前の通信設備を持っていない。通話サービスを提供するために大手から30秒当たり14円の回線利用料を支払っている。ドコモなどは時間制限のない定額プランがあるが、格安スマホは通話料を30秒20円に設定していることが多く、利用者にとって割高になっている。

 

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000129-kyodonews-bus_all

どのくらいに下がるのか?時間無制限の通話し放題に?

格安スマホの通話料が値下げされることは私たち消費者にとっては喜ばしいことなのですが、気になるのがどのくらいさがるのか?というところですね。

正直に言うと30秒あたりの単価を下げられてもあまりピンとこないです。

ここは大手携帯会社と同じ通話無制限が非常に魅力的でありますね!

一部報道では、

総務省は将来的に、時間制限のない定額プランを導入できるよう基準を策定するための検討を始めるという。

引用元 https://www.bcnretail.com/market/detail/20191017_141449.html

というニュースもありますので期待してもいいかもしれませんね!

通話時間を気にするストレス

僕自身も格安SIMをつかっていて、10分かけ放題プランを利用いています。

基本的には10分で通話が終わることが多いのですが、たまに10分超えてしまうときがあります。

また、iPhone同士とかだとFaceTime通話で話したりするのですが、着信履歴からの発信で音声通話になっていたりと結構通話料が余分でかかることがあるんです。

時間を気にしながら話をするのって意外とストレスかかりますし、通話最中に「あ!10分経つから一回電話切るね!」とかも言いたくありません。

それに固定電話にかけるときには必ず音声通話です。

例えば、何か落とし物をしたときに警察に電話するときも結構時間が掛かったりしますし、商品の問い合わせとかでお店に電話する時でも、10分なんてあっという間で、5分なんて一瞬です。

そんな頻繁ではないけど全くないことでもないので通話時間を気にしなくて済むということは嬉しいですね。

格安スマホが通話料値下げで時間制限無しの通話し放題に?時間を気にすることがなくなる?まとめ

通話料が安くなることは格安スマホを使っている人はもちろんですが、今現在大手キャリアを使用している人にとっても嬉しいニュースですね!

格安スマホにしたくても通話料が!という人が結構いるのではないでしょうか?

また今回の通話料値下げで大手キャリアの料金の値下げも期待できるかもしれません。

10月からの予定していた楽天モバイルの携帯事業への本格参入が延びていることで、総務省が急遽講じた策かどうかはわかりませんが、低料金を選択できることが増えるということは嬉しいですね。

-ニュース
-

Copyright© ミグブログ , 2021 All Rights Reserved.