スポーツ

帰化しなくてもいいの?ラグビー日本代表は外国人選手が多いことのその理由

ラグビーワールドカップが開催されて今とっても盛り上がっていますね!!

昨日の9月28日(土)でも、世界ランク2位のアイルランドに勝利して開幕2連勝でもう大盛り上がり。

このまま優勝目指してトライしていってもらいたいです!!

ところで、なんの競技でも日本代表選手には外国人選手っていますよね!

サッカーでいえばラモス瑠偉や闘莉王などが有名だと思います。

そんな彼らは日本代表になる為に帰化して日本人として出場している訳なのです。

ラグビー日本代表の外国人選手ってかなり人数が多いの知っていました?中には帰化していない外国人選手もいるようです。

今回はこの帰化について気になったので「帰化しなくてもいいの?ラグビー日本代表は外国人選手が多いことのその理由」と題して調査してみました。

帰化とは?

まず帰化とはなんなのか。

ざっくり言うと、

その国の国籍を持ってその国の人になる。

日本においては「帰化」についたは3種類あるようです。

・普通帰化
・特別帰化(簡易帰化)
・大帰化

この3パターンあるようです。

それぞれ違いは帰化できる条件で、それぞれの条件を満たしていないと日本国籍を与えることはできないよというものでした。

サッカー選手のラモス瑠偉でいうとブラジル国籍から日本国籍に帰化していますね。

最近で言うと、カンナムさんが、韓国国籍をとって韓国へ帰化したというニュースがありましたね。

日本代表になる為には帰化は絶対?

日本代表になるには帰化しなけれいけないのか?

日本を代表して世界と戦うということですから帰化して日本人として選出されることが前提だと思うのですがどうなのでしょうか。

野球やサッカーなどは日本代表メンバーに選出される条件で、「日本国籍であること」とされているようで、帰化して日本国籍を取得しなければ日本代表に選出されることがないみたいです。

しかし、今の話題のラグビーでは選出基準が野球やサッカーとは違い、ラグビー独自の国籍にとらわれない選考基準があるとのことでした。

ラグビーW杯を主催する国際競技連盟である「ワールドラグビー」(本部はアイルランドのダブリン)が規定する現状のルールでは、以下の3つの条件のうちいずれかひとつでも満たせば、自身の国籍とは異なる国の代表選手としてもプレーできる。

1.出生地がその国
2.両親、祖父母のうち1人がその国出身
3.その国で3年以上、継続して居住。または通算10年にわたり居住

ちなみに「3」については、今回のW杯後、「3年以上の居住」が「継続した10年以上」に変更されることが決定している。

https://biz-journal.jp/2019/09/post_120919.htmlより引用

以上のような選考基準になっているんですね!

このような基準になっている理由はラグビーの発祥に大きく関わっているそうです。

ラグビー日本代表は外国人選手が多いと話題に

ラグビー日本代表選手の外国人選手が多いと話題になっているように、なんと代表選手の31人中15人が外国人選手となっており、帰化していない選手は7人もいるそうです。

ラグビー日本代表選手に外国人が多いのは、国際競技連盟であるワールドラグビーの定めるルールで、要件を満たせば他国の代表選手としてプレーできるとあります。

その結果、日本代表選手に選出されている外国人選手が多いという結論でした。

その要因はラグビーの発祥にあるようで、19世紀初めイングランドで誕生したラグビーですが、その後ウェールズやスコットランド、アイルランドなどに拡大し、パブリックスクールや大学でも盛んに行われたいとそうです。当時、大英帝国が版図拡大していた時代で、ラグビー経験者のエリート達が世界各国へと散らばって赴任先でラグビーというスポーツを広めていったと言われています。

そんな背景があるから、国籍にとらわれない独自のルールが設けられたとされています。

まとめ

ということで今回は「帰化しなくてもいいの?ラグビー日本代表は外国人選手が多いことのその理由」について調べてみました。

確かに、日本代表というのは文字通り「日本人を代表して」という意味合いだと思いますので、ラグビー日本代表選手のように「帰化していない外国人選手はどうなのか?」「もっと日本人を!」っという声があがることはもっともな意見だと思います。

しかし、考え方を変えれば、日本の為に日本の代表としてユニホームを着てれくれて、世界と戦ってくれている決意と決断はとても素晴らしいことではないでしょうか?

国境を超えてこの日本の為に精一杯頑張りたい!という気持ちがとても胸が熱くなりました。

この熱さを応援の力に変えてみんなで日本代表を応援しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

-スポーツ
-,

Copyright© リンゴのススメ , 2021 All Rights Reserved.