ガシェット

【長期レビュー】Apple Watchを2年使った正直な感想

ミグです。

最近、Apple Watchはいいなぁと再確認しています。

「これ、本当に便利なのか?」

「使いこなせるかな?」

「普段腕時計しないけど定着するのかな?」

欲しいけど、こんな疑問を持っている人にお答えします。

結論:Apple Watchに期待しすぎないとマストアイテムになる!

追記:本日4月27日よりiOS14.5のアップデートによりマスクをしたままでもApple Watchを装着している事でFace IDをロック解除できる用になりました。これによりさらにiPhone X以降のFace IDのセキュリティのiPhoneには Apple Watchは外せないマストアイテムなりました。

https://migublog.com/iphone%e3%81%ae%e6%8c%87%e7%b4%8b%e8%aa%8d%e8%a8%bc%e3%81%ae%e5%be%a9%e6%b4%bb%e3%81%aa%e3%81%97%ef%bc%9fapple-watch%e3%81%a7%e9%a1%94%e8%aa%8d%e8%a8%bc%e3%81%8c%e4%be%bf%e5%88%a9%e3%81%aa%e3%81%a3/

Apple Watchにできる事はそんなにありません。

しかし、僕にとってはApple Watchはマストアイテムになっています。

基本的に一日中つけています。

その理由は便利だから。

矛盾していますね(笑)

便利だけどできる事は少ない、でも一日中つけている。

それがApple Watchの魅力です。

Apple Watchの魅力

便利だけどできる事は少ない、でも一日中つけてしまうApple Watchの魅力はどんなところなのか?を紹介していきます。

腕時計という感覚がない

「腕時計」をつけている感覚がありません。

実際にApple Watchが軽くてつけている感覚を忘れてしまうこともありますが…。

僕は冒頭で、Apple Watchにできる事は少ないと言いました。

Apple Watchに限らずスマートウォッチに全般に言えることですが、できる事は少ないと言っても普通の腕時計よりは当然いろんなことができます。

「腕時計」というよりも小さなスマホを腕につけている感覚ですね。

Apple Watchばっかりつけている

過去にApple Watchのようなスマートウォッチではなく、従来の腕時計が気になっていた時もあり、普通の腕時計をつける時もありました。

それは、Apple Watchは時間確認する以外に活用することがなかったからです。

Apple Watchにできる事はそんなにないのです。

その上、充電をする手間もある。

でも、気づけばApple Watchばかりつけいるそんな時計なのです。

Apple Watchでなにをしてる

では実際にできることが少ないApple Watchで何をしているのか。

そこにApple Watchを気づけばつけいている理由があります。

時間の確認

本来、腕時計の習慣が全くなく、時間なんかスマホで見たらいいじゃん!と思っていましたが、時間の確認が腕できるとこんなに便利なの?と気付きました。

腕時計を装着していない時でも腕を見てしまう癖がついています。

通知

電話、メール、LINE等の通知です。

スマホを持っていなくてもこれらの通知を受け取って大事な件だけスマホで確認するので、ついついスマホで余計なことしてしまう防止策にもなっています。

ちなみに、メール・LINEの通知であればAndroidとApple Watchの組み合わせでも使えます。

記事はこちら↓

Apple WatchとAndroidで使う方法は?iPhoneなしでも使える!?

Apple Pay

コロナ感染拡大している今、現金を触るのがちょっとと思う人もApple WatchでSuicaやID、QUICPayなど使えます。

多くの人はこのApple WatchでSuicaが便利すぎる!という声を聞きます。

僕の場合は公共交通機関に乗る機会がないので恩恵はありませんが、クレジットカードをApple Payに登録してApple Watchで支払いは本当に便利で安心です。

アクティビティ

赤・緑・青のリングがアクティビティです。

これで何をするわけではありませんが、リングを極力完成できるように毎日最低限体を動かすようにしています。

運動はしたほうが良いと思いながらもついつい後回しにしてしまいがちですが、最低でもこのリングを完成させたくなります。

毎日、勝手に記録をしてくれますので、自動化しています。

毎日リングを記録しているので継続クセもつけれて一石二鳥ですね。

タイマー

この機能が一番使います。

タイマーってこんなに生活に必要なものだったの?と思うくらい活用していますね。

腕に装着してあるのでいつでもタイマーをセットして、正確に測れるのとっても捗ります。

身近なところで言うと、料理で使ったり、カップ麺で時間を計ったり、10分間読書したり、30分勉強したりと時間を計ることってかなり多い。

この機能はシンプルでとっても便利な機能です。

他の腕時計との圧倒的な違いはSiri

これめっちゃ使います。

これが他の腕時計やスマートウォッチと圧倒的な違いでApple Watchを気づけば装着してしまう原因なんです。

先ほどタイマー機能をよく使うと話しましたが、タイマーって他の腕時計でも使えますよね。

別にApple Watchでなくても使える機能です。

しかし、このSiriの音声操作が圧倒的に便利でタイマーのセットや、電話の発信などの操作がピカイチになります。

Siriで操作ってちょっと恥ずかしい…と思うかもしれません。

僕も最初はそう思っていましたが、もうSiriSiri言ってます。

他の腕時計では、物理ボタンを押して、操作をしたりするのが煩わしい。

Apple Watch以外のスマートウォッチでも画面操作で少し操作性が増していますが、音声にはやっぱり敵いません。

Siriの聞き取りも「5分計って」や「〇〇に電話して」くらいなので誤認識することも極めて少ないです。

バッテリーはまだまだ課題あり

バッテリー持ちは正直よくないです。

よく持って2日ですので頻繁の充電が面倒だと思う人は向いていないかもしれません。

しかし、習慣化すれば毎日充電する事は意外と面倒ではなくなります。

充電時間も早いので毎日充電であれば入浴時間でフル充電してくれるので、意外と楽に運用できます。

逆に1週間バッテリーが持ちますよ!というスマートウォッチのほうがどちらかと言うと気づけば充電が無い!ということもほうが圧倒的に多いです。

と言ってもApple Watchを酷使すると1日も充電が持たないこともありますのでバッテリー強化の課題がまだまだあるのが現状です。

Apple Watchをまた買う?

買います。

僕が持っているApple Watchはseries4で2年前のモデルですが、正直今最新のseries6に変えたいと思う事はありません。

最新モデルに変えても常時点灯ができる以外はそんなに変わらずに少ないからです。

個人的にはApple WatchSEがかなりお買い得ですね。

初めてのApple Watchにピッタリで、値段も含めて買ってもおそらく満足するでしょう。

まとめ

と言う事で、今回は2年使用したApple Watchの長期レビューで正直に感じた事を紹介しました。

冒頭にも言ったように極度の期待を持たなければApple Watchはほとんどの人に満足できる腕時計と言えます。

実際に使ってしまうとわかりますが、普通の時計を装着しようと思わなくなります。

今日は気分を変えたいから違う腕時計を使うと、

「あ!今日Apple Watchじゃなかった!」という場面が必ず出てきます。

迷っている方はゲットして体験してみてはいかがでしょうか?

 

-ガシェット
-

Copyright© ミグブログ , 2021 All Rights Reserved.